読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングする数学信者

数学信者が数学とプログラミングの話題を中心にして何か書きます

Twitterで論文誌が作れる時代が来るかも

Twitterがツィートの文字数制限を1万字にまで緩和することを検討しているとこのこと。

ニュース - Twitter、140字の文字数制限を今春にも撤廃か:ITpro

 

いままでの140字に比べると約70倍になります。では、1万字では日本語だとどれくらいの文章を書けるのでしょうか?400字詰原稿用紙を考えると25枚分。多いです。ちょっとした論文を書けるレベルです。さらに、文字数制限緩和してもタイムライン上で表示されるのは140字のままにする計画のようです。

 

このニュースを聞いてあることを思いつきました。それはTwitter上で和文論文誌を作ること。基本的な枠組みは次のようになります。

  • 最初の140字に概要を書く。つまりタイムライン上で見えるのは概要だけ。残りに本文を書く。
  • Togetterで論文を集約し、そのまとめを論文誌の冊子代わりにする。

ただ、参考文献のリストは本文とは別のツィートに書くことになるかもしれません。それは実際に運営して決めるべきでしょう。さらにTwitterの機能を活かせば、次のようなことも可能になります。

  • 返信機能でsupplement, errata, comment, replyを書く。
  • Twitter上でリアルタイムでレフェリーと議論。しかも議論はオープン。
  • 投票機能で論文をアクセプトするかリジェクトするかをアンケートする。

 

1ツィート1万字になると夢が広がりますね。なお、この論文誌構想は自分でやるのが面倒くさいので、誰か代わりにやってください(丸投げ)