読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングする数学信者

数学信者が数学とプログラミングの話題を中心にして何か書きます

スマホを使い始めて1ヶ月

雑記

先月に長年使っていたフィーチャーフォンからスマホに乗り換えました。Andoroid端末です。まだ使ってから1ヶ月くらいしか経ってませんが、感想や気付いたことを箇条書きにして、ゆるく述べたいと思います。

まずは良かったことです。

操作しやすい

やっぱりガラケーに比べると操作がしやすい。特にインターネットを利用するときにそのことを感じますね。ガラケーのときは、ウェブサイトを見るときボタンをポチポチしていないといけなかったので、面倒くさかったです。

あと、文字入力のとき記号や絵文字を簡単に入力できるのもいいですね。

便利なスマホ用アプリが使える

スマホなのでスマホ用アプリが使えます。当たり前のことです。Twitter、LINEはガラケーのときに比べたら凄く使いやすい。リアルタイム更新もある。便利です。

アプリといえばゲームもあります。Google Playに行けば、基本無料のスマホゲームがたくさんあります。その中で僕は『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(略してデレステ)という音ゲーを始めました。毎日プレイしてます。日々ゲームスキルの成長を感じることができて楽しい。

では次によくないと思ったことを書きます。

電池の消費スピードが速い

スマホはミニPCのようなもので、高度な処理を行えます。それ故、電池の消費スピードがガラケーより速い。以前使っていたガラケーの電池よりは性能は格段に上がっているはずなのに、充電の頻度はガラケーのときより多いですね。そもそもTwitterやデレステで電池を酷使している自分が悪いのですが。

プリインストールアプリが多い

AndoridはGoogleの製品なので、Googleのアプリが入っています。それに加えて、端末製造メーカーのアプリ、キャリアのアプリ、合わせて3社分のアプリが入っています。多い。記憶容量にまだ余裕があるので、特にアンインストールはしていません。


僕のスマホ生活はまだこれからだ!