プログラミングする数学信者

数学信者が数学とプログラミングの話題を中心にして何か書きます

数学信者の戯言

数学*1は難しい。数学書を読むのには多大な労力を要する。1行をフォローするのに何日もかかったり、「自明」とか「読者の演習とする」とかいうフレーズに困惑する。数学の素養は簡単に身につくものではない。数学を理解し数学を使いこなせる人は尊敬する。

そこで数学信者の自分は思うんだ。数学ができる人が社会的に優遇されてもいいのではないだろうか?数学ができる人がどんどんお金を稼げる社会になってもいいのではないだろうか?数学ができる人は全体の中でも希少な存在であると思うから。

高い数学能力を有してると稼げる職種はある。アクチュアリー、クォンツ金融の専門職はそれに該当するだろう。しかし、これらの職種だけでは狭すぎる。他にはないだろうか?

数学ができる人が得する職種が増えてほしい。増えて欲しいと願うばかりではどうしようもない。自分で新しいビジネスモデルを作って、そういう職種を新しく作るべきではないだろうか?

*1:ここでは高等数学、大学の学部レベル以上の数学を想定する。